ドイツ語2「ひとつの森と、沢山の木」

ドイツ語の記事を書いてからしばらくたちました。

最近、ドイツ語を勉強していて引っかかっているのが不定冠詞の使い方。

1日一文をつくっては間違いをなおすことをしているのですが、

なかなか、この「単数」なのか「複数」なのかが文章作りの上で重要になる・・。

日本語だと、「私」と「私たち」のような言い方の違いはあるけれども、

「ひとつの森」という考え方をしないし、「沢山の木」とかも、いわない。

主語はあくまでもそのまま。森は、森。木は木でしょう。(笑)

英語もそうだけど、どうしてそんなに単数か複数かが重要なんだろう?と、

おもいながらも、その違いに面白さを見つけだしているこの頃。

(そうしないと、続かないわ・・!)

皆さんは他の国の言語について不思議に思ったことはありますか?

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2005-2020 by Shizuku Aosaki

  • YouTube
  • Spotify
  • Bandcamp
  • Twitter Classic
  • Instagram